TA-netとは?

TA-netはこんな活動を展開しています。

TA-netとは「特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク」の略称です。
英文表記 “Theatre Accessibility network”
「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動しているNPO法人です。
それぞれの活動をつなぎます

ろう者の劇団で俳優と制作として15年以上活動してきた私は、英国で演劇研修をする機会に恵まれ、2009年から1年間ロンドンを拠点に障害を持つ方の演劇活動環境について学びました。

英国では演劇が国民の娯楽として根付いていますが、それは障害を持つ方に対しても同様でした。私自身は日本でも観劇を趣味と勉強を兼ねて多くの舞台を観てきましたが、その都度、なんとか台本をお願いして貸していただく、場合によっては内緒で、という状況がありました。しかし英国では手話通訳、字幕投影、また見えない方のために音声ガイド、舞台説明会などがあらゆる劇場で提供されていることに衝撃を受けました。また、これらの情報が公的な劇場組合や団体によって集約・提供している仕組みがあり、経費についても法的に保障されていることを知り、日本でもこのような仕組みを広めていきたいと決意し、仲間たちとともに団体設立に至りました。

聴こえなくても・見えなくても観劇を楽しみたい方と、台本貸出や手話通訳、字幕投影などを担う団体、公演主催者・劇場とをつなぐ活動を展開していきます。舞台芸術を誰でも気軽に楽しめるようにすることで、「障害者の権利に関する条約」第30条に掲げられているように障害を持つ方が文化的生活に参加し、その質的向上に寄与することを目指します。

舞台関係者だけでなく、市民の皆さんからのご理解ご支援を何とぞよろしくお願いいたします。


特定非営利活動法人 シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)
理事長 廣川麻子

廣川麻子の写真

目標の実現へ
~新しいプロジェクトのご紹介~

手話通訳付きの舞台を日本の劇場に広めるため、モデル上演会を行い、その模様を撮影、編集、DVDにして広く配布します。 そのための資金を補うため、クラウドファンディングを始めました。 TA-netとして初めての試みです。 ぜひご支援をお願いいたします。

劇場の写真 舞台が上演される劇場
座・高円寺2

このようなリターンをご用意しています

◎3,000円:舞台画像1点つきお礼メール
◎5,000円:DVD1枚
◎10,000円:DVD2枚またはDVD1枚とTA-net第2回シンポジウム報告集1冊

プロジェクトへのご支援をどうぞよろしくお願いします!

TA-netを応援します!
河合依子の写真
河合依子全日本ろう者演劇会議会長
TA-netを通してわれわれろう者の限られた舞台芸術をバックアップし、発展出来るよう期待します。
板垣恭一の写真
板垣恭一演出家
聴こえない方たちにとって、たとえば現在ベストの観劇環境は「字幕」があることだと思います。 できれば、まわりのお客さまに影響の少ない「パーソナルな字幕システム」があれば最高です。 実現にはさまざまなハードルがありますが、「お芝居を見たい聴こえない人はたくさんいる」ということを、 まず知ってもらうのが始まりだと考えています。 関心を持つ人が増えれば、何かが変わるかもしれないと思い、TA-netの活動を僕は応援します。  ※ロングバージョンもぜひご覧ください!
大杉豊の写真
大杉豊筑波技術大学教授
観劇する環境の接近性を高めることは舞台芸術の発展に必ずつながることでしょう. TA-netの様々な取組みを応援します.頑張ってください.
飯泉菜穂子の写真
飯泉菜穂子手話通訳士
山上徹二郎の写真
山上徹二郎NPO法人メディア・アクセス・サポートセンター(MASC)理事長
NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワークの活動に、いつも注目して います。TA-netの活動は、『障害者のために』というだけでなく、演劇の未来に 大きく貢献していく可能性を持っていると思っています。 心から応援しています。

メディア掲載

活動実績

2016年
7月 ありがとうございました「舞台手話通訳つきモデル公演および撮影会」
アーティスト日比野克彦さんとTA-net理事長の廣川が対談します!
6月 「パラリンピック研究会」に参加してきました
クラウドファンディングのリターンを追加しました
舞台手話通訳つきモデル上演および撮影会 クラウドファンディングはじめました!
【手話&字幕】かがやき手話ニュースにて紹介されました
NHK手話ニュースにインタビュー出演しました
字幕落語会ニュースにインタビュー出演しました!
5月 「字幕落語会」のすべての演目に日本語字幕が!(6月5日)
盛況でした!第4回観劇支援システム研究会!(報告とお礼)
劇団鳥獣戯画「ベニスの商人」全公演終了(報告とお礼)
かがやきチャンネルに出演しました(放送日未定)
よしもとさん快挙!ライブ字幕付き落語会、新喜劇!(6月5日、9日~12日)
4月 産経新聞にて紹介されました(4月23日付朝刊)
劇団鳥獣戯画「ベニスの商人」告知映像が手話通訳付きで!
芸団協さんにご取材いただきました
劇団鳥獣戯画「ベニスの商人」公演にて観劇サポートします(5月6日~8日)
第3回観劇支援システム研究会は大盛況!
3月 独立行政法人日本芸術文化振興会の障害者差別解消法に基づく対応要領案に関する意見を提出し反映されました
東京新聞 3月29日付朝刊「この人」に掲載されました
第2回TA-netシンポジウム 無事終了いたしました
エイブルアートジャパンフォーラム「障害者アートは社会をかえるか」に登壇しました
平成27年度(第66回)文化庁芸術選奨贈呈式に行ってまいりました
ヨコハマアートサイト2015報告会で通訳協力
*3/11 定例会
第45回耳の日記念文化祭で活動展示
劇団銅鑼公演「池袋モンパルナス」の字幕制作に協力
芸団協シンポジウム「実演芸術は生活に不可欠か?~今日の社会における芸能の価値を考える」に参加
*3/1 シンポジウム手話通訳協力
第2回観劇支援システム研究会報告 実演芸術と法律について考えました
2月 「ライブイベントにおける聴覚援助システムについて知り、考える会」勉強会報告
観劇支援システム研究会 第1回研究会報告
1月 観劇支援システム研究会 第一弾企画
支援研究チーム勉強会「ライブイベントにおける補聴援助システムについて知り、考える会」開催のお知らせ
東京カテドラル関口協会でのニューイヤーコンサートをサポート
シンポジウム「障害の先にあるパフォーマンスが社会にもたらすもの」で手話通訳を担当

2015年
12月 情報アクセシビリティフォーラム2015 参加報告
視覚障がい者向け音声ガイド制作者育成講座のご案内
情報アクセシビリティフォーラム2015に出展
11月 東京都教育委員会主催事業で講演
CS放送「目で聴くテレビ」に出演
10月 第28回東京国際映画祭共催企画「映画の未来」出席レポート
WAHAHA本舗公演『結婚適応者じゃない2人』で受付をサポート
「平成27年度 芸術文化による社会支援助成」に採択
9月 英国視察報告会のご案内
字幕勉強会が開かれました
9月定例会のお知らせ
【募集】観劇サポートを支援します
8月 明治座アートクリエイトプロデュース公演「明日葉の庭」で観劇サポート
公益財団法人日本財団の2015年度助成を受けて英国視察に
7月 メルマガ2本のご案内
6月 障害者政策委員会での質問に取り上げられました
45歳からのアクターズスタジオ公演でポータブル字幕付き公演に挑戦
「第63回全国ろうあ大会inぐんま」のバリアフリー展示に出展
舞台制作者ニュースサイト「舞台制作PLUS+」で紹介されました
「東京芸術劇場が今年度の「障害をお持ちの方への福祉サービス対象公演」を発表」と記事にしてくださいました
5月 公益社団法人日本芸能実演家団体協議会「芸術体験ひろば」『大人気!アンディ先生の《まじっくしょー!》』手話通訳協力
劇団鳥獣戯画 創立40周年記念公演 歌舞伎ミュージカル『雲にのった阿国』にて観劇サポート支援
(受付での手話・筆談対応/再構成台本貸出/アフタートークの手話通訳協力)
「ブログ/ピックアップブログ一覧(CANPANブログの中から、ぜひ注目してほしいブログ、発信方法が参考になるブログをピックアップして紹介しています。)」に掲載される
4月 *『天使の森からの贈り物』(東京公演)にて受付対応
*「演劇・舞台における手話通訳養成カリキュラム研究委員会」スタート
文化審議会「文化芸術の振興に関する基本的な方針(第4次基本方針)」[答申案]に関する意見を提出
3月 *特定非営利活動法人メディア・アクセス・サポートセンター「テレビ・映画作品の字幕に対するヒアリング」出席
第8回茶話会「意識調査プレ発表」
*全日本ろう学生懇談会デフスタディ班企画にて講演
シンポジウム開催 テーマ「より良い観劇システムの構築に向けて、今できること」(参加者:80名)
*臨時総会開催
2月 *千葉県松戸市聴覚障害者一般教養教室にて講演
TPAM(国際舞台芸術ミーティングin横浜2015)にて「グループミーティング」ホスト
テーマ:「みんなで一緒に舞台を楽しもう~観劇サポートについて」言語:日本語、日本手話 ※手話・読取通訳付
第7回茶話会「観劇サポート振り返り、UDトークアプリレクチャー」
*世田谷福祉専門学校にて講演
*第44回耳の日記念文化祭(東京都聴覚障害者総合支援機構主催)出展
1月 *「第41回兵庫県ろうあ者新年大会兼成人祝いのつどい」にて講演
*「国立障害者リハビリテーションセンター学院・手話通訳学科 特別講義」にて講演
*第6回茶話会「観劇サポート打合せ、アンケート調査チェック」
演劇実験室◎万有引力公演「身毒丸」における観劇サポートを支援
(受付での手話・筆談対応/手話による事前説明/再構成台本貸出/アフタートーク手話通訳/FM受信機の貸し出し/触れる舞台模型と説明会/音声ガイド)

2014年
12月 支援チーム第4回勉強会「演劇・舞台における字幕システムを考える」(参加者:35名)
公益財団法人セゾン文化財団のニュースレター「viewpoint」に掲載
*東京都足立区手話講習会にて講演
11月 第5回茶話会「意識調査(アンケート)を読む」(参加者:12名)
演劇実験室◎万有引力+TA-net支援研究チーム第3回勉強会 合同企画「視覚障害のお客様の観劇に関するニーズについてお話を聞く会」(参加者:30名)
*立川市手話通訳養成講座にて講演
*「第29回東京都中途失聴・難聴者のつどい」にて出展・意識調査を実施
10月 第4回茶話会「鳥の劇場字幕システム取材報告:演劇における字幕を考える」(参加者:9名)
*「第37回川崎市ろう者のつどい」展示参加、アンケート調査、デモ実演
9月 支援研究チーム第2回勉強会「舞台における手話通訳について考える」(参加者:62名)
らぷらすウィメンズネットワーク 公開講演会(下北沢)にて講演
*リーフレットをリニューアル
*意識調査チーム 全国の劇場・ホール2000か所にアンケート発送
第3回茶話会「万有引力の観劇サポートプロジェクトと鳥の劇場への取材について」(参加者:5名)
8月 *「全国ろう教育の明日を考える集会in東京」展示参加、アンケート調査、デモ実演、ろう学校現場における観劇会実態調査展示
*意識調査チーム活動会議
7月 『アクセシビリティ公演情報サイト』リリース   プレスリリースはこちらからご覧ください
*第2回茶話会「MASC:映画における字幕配信システムとメガネ型端末の開発の状況について」
*KUNIO11「ハムレット」再構成台本制作協力
6月 *東京大学先端科学技術研究センター オープンキャンパス(バリアフリー分野・福島智研究室企画パネルディスカッション)登壇
第7回茶話会「意識調査・支援研究各チーム活動について」
2013年度定期総会・第1回勉強会「障害者の観劇サポートに関するアンケート集計・考察と今後の方向性について」(参加者:12名)
5月 *第6回茶話会「意識調査チーム活動会議」
*NPOインフォメーション・ギャップ・バスター定例会 パネルディスカッション登壇
「演劇実験室◎万有引力・幻想音楽劇 リア王―月と影の遠近法―」再構成台本制作、予約代行、受付時の手話対応、ポストトーク手話通訳
*大阪市チャリティ講演・意識調査実施
4月 LR「里亞王~リア~」視覚障害者向舞台説明会企画協力
3月 *第5回茶話会「意識調査分析結果報告」
2月 千葉県聴覚障害者協会 芸術文化部企画 「ふくろうの部屋」ゲスト出演
鯨エンターテイメント主催「演劇人のためのバリアフリー講座」協力
「演劇実験室◎万有引力・観客席」予約代行
1月 『Tribes トライブス』受付時の手話対応、観劇ツアー・意見交換会開催(於:世田谷パブリックシアター)

2013年
12月 第4回茶話会「意識調査結果集計速報」
11月 *意識調査チーム第3回会議
「ありがとうの種」コラボレーション企画「歌舞伎座ツアー・鑑賞およびイヤホンガイド意見交換会」開催
「情報アクセシビリティ・フォーラム」展示参加、パネルディスカッション出演・意識調査実施
10月 *意識調査チーム第2回会議
「ありがとうの種」コラボレーション企画「歌舞伎座ツアー・事前レクチャー」開催
9月 意識調査チーム第1回会議
8月 第3回茶話会「再構成台本の取り組みを振り返って」〜万有引力担当者を交えて意見交換〜
「あうるすぽっとプロデュース・鑑賞者」観客対応、告知などへの助言、字幕表記、手話表現の助言
7月 *29日 東京都よりNPO認証を受ける
「演劇実験室◎万有引力・邪宗門」再構成台本制作、予約代行、受付時の手話対応
5月 *「杉並区大人塾まつり」展示とワークショップ
「演劇実験室◎万有引力・SUNA」再構成台本制作、予約代行、受付時の手話対応
第2回茶話会「プロジェクトチームについて」
4月 設立総会、第1回茶話会
1月 *ブログ、fecebookページにて公演などの情報提供開始

2012年
12月24日 任意団体設立

アクセシビリティ

お困りの時はTA-netにご相談ください!

誰でも観劇サービスが受けられるような仕組みを作ります

「誰もが、誰とでも一緒に、気軽に楽しめる場」作りに向けて一緒に考えませんか。

当面は聴覚障害者向けですが将来的にはすべての障害者にも拡大します

できるところから少しずつ、実績を積み重ねていきます。

希望する公演に情報保障をつける交渉を代行します

「観たいけど観られない」とあきらめないでください!一緒に働きかけていきましょう。

提供を希望する団体の調整(コーディネート)を行います

「何をどのように提供すればよいか分からない」と悩んだら、お気軽にご相談ください。

舞台芸術の観客層の底辺拡大、掘り起こしを図ります

繰り返しになりますが、「誰もが、誰とでも一緒に、気軽に楽しめる場」作りに向けて一緒に動いていきましょう

アクセシビリティ公演情報サイトにてご紹介します

『アクセシビリティ公演情報サイト』はこちらから
掲載依頼も承ります。「掲載依頼」ボタンからご入力をお願いいたします

支援・相談

観劇サポートを支援します

TA-netでは、アーツカウンシル東京の長期助成の採択を受け、観劇サポートの支援を行うこととなりました。
2015年度から2017年度までの3年間、実施します。

観劇サポートを希望する劇場・団体さまに相談から準備、当日までの全面的なサポートを行います。

団体様それぞれのご事情にあったサポートを支援します。

アーツカウンシル東京の助成により、団体様のご負担は申込金5000円のみ。

来年度以降の公演へのサポートを検討している団体様はもちろん、既に公演予定が決まっている・・という団体様も、今から出来ることを一緒に考えましょう。

まずはお気軽にご相談ください!

<サポート例>

  • 端末を利用した字幕表示
  • ラジオ周波数を利用した音声ガイド
  • アフタートークまたは上演中の手話通訳
  • 触れる舞台模型製作
  • 舞台説明会(手話で見どころを解説、舞台を触って体感)
  • 衣裳の説明
  • 再構成台本貸し出し

・・・などなど!
できそうなこと、少しでもありましたら是非やってみましょう。「社会に開かれた演劇」に向けて、はじめの一歩をTA-netがお手伝いします。多くのご利用をお待ちしております!

新事業のご紹介および利用希望者募集のお知らせ

TA-netでは、舞台、演劇などにおける手話通訳・文字通訳などのコミュニケーション支援を「アーツカウンシル東京」の助成により2015年度から2017年度までの3年間、実施することとなりました。

稽古場やワークショップ、演劇に関する会合(セミナーや会議、打ち合わせ)などで手話通訳・文字通訳を必要とする演劇関係者、アート関係者ならどなたでも無償で(場合によっては実費ご負担あり)ご利用いただけます。詳しくはTA-netにご相談ください。

そしてアート関係に絞った現場の経験を積み重ね、専門性を高めたいと考えておりますため、本活動は通訳研究の一環となりますことをご了承ください。

まずはどのようなことでもお気軽にご相談ください。

<本助成を利用しての手話通訳協力先を今後、ご紹介します>

WAHAHA本舗PRESENTS「結婚適応者じゃない2人」の稽古における手話通訳協力


ご相談フォーム

メールが届いていないと思われるときに電話を差し上げる場合もございます。
聴覚障害者の場合は、SMS(ショートメールサービス)またはFAXにてご連絡いたします。

入会案内

TA-netへの支援と参加方法

皆さまからご提供頂いた会費は観劇支援のために大切に使わせていただきます。当団体の活動理念や主旨にご賛同いただける方であれば、個人・団体を問わずにご入会いただけます。個人でも団体でも入会ができ、正会員・賛助会員の2種類となります。入会申込日~次年度5月末まで有効とします。

(1)正会員(個人)10,000円
この法人の目的に賛同して入会した個人。総会での議決権を持ちます。法人運営やチーム活動等に主体的に関わっていただける方。

(2)賛助会員
(個人)5,000円
(団体)10,000円
この法人の目的に賛同し賛助するために入会した個人及び団体。総会での議決権はありませんが、チーム活動に参加することはできます。

このほかに「サポーター:3,000円/年」、寄付(金額自由)による支援も歓迎します。 入会申込はFAXやメールのほか、下記のリンク先からもできます。お気軽に事務局にお問い合わせください。

>> 入会する
活動目的(定款)

お問い合わせ

メールが届いていないと思われるときに電話を差し上げる場合もございます。
聴覚障害者の場合は、SMS(ショートメールサービス)またはFAXにてご連絡いたします。

© TA-net